上質な時間、マッサージの洗練
上質な時間、マッサージの洗練
ホーム > 注目 > ランニングの効果は複数ある

ランニングの効果は複数ある

夜のランニング効果

ランニングは脂肪燃焼効果と一緒に全身動かして筋肉つけられます。そして、ストレスたまれば過食、便秘起きやすくなって、ダイエット効果期待できないです。ランニングで体動かしていって、精神安定作用や自律神経整えられる効果あるホルモンのセロトニンが多校分泌されてストレス解消などに役立てられます。そして腸内環境整えて消化器官の免疫向上、必須栄養素など体内に吸収されやすいです。そして、元気な腸は善玉菌優勢であり、代謝で必要なビタミン類を作ってくれて、新陳代謝促進も期待可能です。そして、ダイエット効果感じるために必要なのは無理しないで続けること。胃の中からになってる空腹時の運動は体内の脂肪エネルギーとして活用してくれて、30~60分程度、水分補給して走ってみれば効果あります。また平気に約1時間のランニング朝食前の早朝や夕食後の夜それぞれやったら朝のほうが夜と比較して約1.5倍の脂肪燃焼量があるのです。そして、朝食前のランニングは早起き習慣付けられいいかもしれませんが、起床後ですから体調に注意しましょう。また風邪気味、二日酔いなど控えるなど体調と相談して実践してみてください。朝食前の空腹状態のせいでランニング集中できないときはゼリー飲料など軽食事前に食べてみてください。そして、ゆっくり長く走るメリットですが、体暖かい状況長く保てます。脂肪は体暖かい状況のとき燃焼しやすいこともちろん、ゆっくり走ることにより体に継続し負荷かけ続けられて、体脂肪がエネルギー源として使われやすいです。走るための時間確保しづらかったりします。本来1回に30分以上走ってみるのがいいですが、1回につき10分ほど走りこまめに体温める習慣をつけて、脂肪燃焼されやすい体を期待できるのです。また運動習慣身につけることも可能です。無理なく走り続けられるスピードでのランニングは脂肪燃焼目的の有酸素運動で、とても効果があり、その時心拍数は安静時の1.5倍程度100~120

前後/分を心がけましょう。またランニングアプリ、手帳などランニング記録してみればモチベーションになります。そして体調不良等調子悪ければ休んでもいいです。また、ランニング慣れてくれば別の種類の運動を取り入れましょう。同じ有酸素運動でも筋肉の使い方変えてみれば、あらたな刺激に加えて、さらに引き締め効果などを期待できるのです。そして、いろいろ運動してくうち今までより楽に走れることでしょう。